【猫飼い】家庭用オゾン発生器はオゾンクルーラーがおすすめの理由

我が家には、ゆず先輩という猫がいます。

トイレに立つといつもこうです

トイレに立ったわずかなスキを狙って占拠するゆず先輩

犬よりニオイが少ないとはいえ、猫もやはりニオイはあります。動物ですから当然のことですね。
 
人間の体臭が、食生活習慣や食べている食事内容に影響を受けるように、猫や犬も少なからずそういう部分はあるでしょう。
 
人間でも、食生活習慣や食べているものを改善することで、体臭が軽減したなどの話しは耳にします。
 
しかし、今回はそういう話しではありません。
 
単純に、「ペットと一緒に暮らしながらも、安心して使えて、消臭除菌効果が高い家庭用のオゾン発生器って、いいですよ!」という話しです。
 
ペットとともに生活している方は是非参考にして下さい。
 

私がペット用の消臭剤や除菌スプレーを一切使わない理由

私がペット用の消臭剤や除菌スプレーを一切使わない理由

私がペット用の消臭剤や除菌スプレーを一切使わない理由


ペット用の消臭剤や除菌スプレーは、肝臓疾患などの悪影響があると判断してうちでは一切使用していません。
 
ペットだけではなく、人間にも悪影響があると思います。かの有名な「ファ◯リーズ」については、すでに海外で危険であることが(マウスで)証明されています。
 
たとえば、ファ◯リーズの成分である第四級アンモニウム塩は消毒薬、界面活性剤、柔軟剤、シャンプーなどの帯電防止剤に使われているわけですが、この物質は、ウイルスなどの細胞膜を破壊することにより様々な生物を殺すことから当然、人にも、ペットにも悪影響がたくさんあります。
 
それがどんな悪影響かというと、

  • 皮膚障害
  • 殺精子作用
  • 発がん性
  • 妊娠率低下
  • 肝臓障害
  • アレルギー
  • アトピー性皮膚炎

などです。
 
また、猫と犬を多頭飼いしていた方が、その動物たちが次々肝臓疾患になるようになり、主治医の獣医さんから布用消臭スプレーを使っていないかと指摘されたそうです。
 
ということで、私がペット用の消臭剤や除菌スプレーを一切使わない理由はそれです。つまり、健康被害や安全性を考慮して使わないようにしています。
 
ファ◯リーズではないにせよ、「ペット専用消臭剤(置型含む)」「ペット用除菌スプレー」という類の商品は少なからず先に述べたことが当てはまりますので、現在常用している方は是非これを機会にペットの消臭や除菌について改めて考えていただければと思います_(._.)_
 

ペットのニオイ対策は空気清浄機とオゾン発生器のダブル対策

ペットのニオイ対策は空気清浄機とオゾン発生器のダブル対策

ペットのニオイ対策は空気清浄機とオゾン発生器のダブル対策


私のように、ペットの消臭剤や除菌スプレーを危険視している飼い主の多くの方は、ペットと安心して快適な暮らしを続けていくために2つの機器を導入していることが多いです。
 
それが、「空気清浄機」と「オゾン発生器(消臭器)」です。
 
空気清浄機をご存知の方は多いかもしれませんが、オゾン発生器は聞いたことがないという方もいるかもしれません。
 
空気清浄機は、主にフィルターで花粉やチリなどを吸着し、空間の空気を清浄するものです。
 
オゾン発生器は、オゾンの力を利用して、化学的分解消臭法と呼ばれる方法で、空間内の菌やウイルスをもとからやっつけて消臭・除菌してくれる機器です。(菌やウイルスをやっつけたらオゾンは酸素に戻って完全無害化されます)
 
ホテルの客室や車の消臭・除菌、ルームクリーニング(ダスキンなど)の専門業者さんなどが利用しているニオイに対してもっとも効果が高い消臭アプローチがオゾンを利用した化学的分解消臭法です。

ペトハピ:オゾンがペットとの生活を快適にするワケ

画像:[ペトハピ]オゾンがペットとの生活を快適にするワケ

こちらは、ペトハピさんの「ペットの消臭・除菌にはオゾンがおすすめですよ」という記事です。興味ある方は是非お読み下さい。
※ただし、画像及び記事内で利用されているオゾン発生器は業務用かつ無人環境(ペット含む)で利用するオースリークリア2という機種になりますので、ご注意下さい。
 
勘違いしている方が多いのですが、基本的に、空気清浄機で消臭・除菌はできません。
 
空気清浄機はあくまでもチリやホコリ、PM2.5あるいは花粉などをフィルターなどで吸着して空間の空気を清浄するものです。
 
一方、オゾン発生器は、消臭・除菌の専門機器ですが、チリやホコリ、PM2.5あるいは花粉などを除去できません。
 
空気を清浄の中には、「脱臭機能」などが付いており、その機能がオゾンを利用した化学的分解消臭法を採用している機器もあるみたいですが、口コミや評判を調べると「脱臭機能は名ばかりで全然効果がない」や「効いている気がします」など、気休め程度であることが分かります。
 
ですから、そのあたりの事情をよく理解している人たちは、「餅は餅屋」ということで、チリやホコリなどは空気清浄機。ニオイの原因である菌やウイルスの除菌はオゾン発生器ということで、2台持っています。
 
空気清浄機もオゾン発生器も選び方を間違えなければ、どちらも長く使っていけますから、ランニングコスト的にもすぐれているといえます。
 

犬猫と一緒に暮らしている人におすすめの家庭用オゾン発生器

オゾン発生器には、「業務用」と「家庭用」の2種類があります。
 
業務用と家庭用の大きな違いは主に2点です。

用途オゾン発生量利用環境
家庭用少ない有人環境
業務用多い無人環境

簡単にいってしまえば、
 
「家庭用はオゾン発生量が少ないので人やペットがいる環境で利用できますよ」
 
「業務用はオゾン発生量が多いので、人やペットがいる環境では利用しないで下さいね」
 
ということです。
 
加えて、家庭用オゾン発生器選びの際、注意したいことが「家庭用とはいえ、オゾン発生量が少なすぎると消臭・除菌効果がありませんよ」という点です。
 
そこで、実際に我が家でも使用している「オゾンクルーラー」という機種をおすすめします。
 
オゾンクルーラーをおすすめする理由は、家庭用オゾン発生器選びをするうえで重要な3点をクリアしているからです。

  • オゾン発生量が200mg/hrなので消臭や除菌効果バツグン
  • 有人環境(ペット含む)専用設計だから安心
  • デザインがGOOD!(あまりダサいのは嫌ですよね…)

通常、「家庭用」と呼ばれる多くのオゾン発生器がオゾン発生量1mg/hr〜10mg/hr程度です。
 
しかし、オゾンクルーラーのオゾン発生量は、なんと200mg/hrとまるで業務用レベルのオゾン発生量。
 
あれ、でも、オゾン発生量がそんなにすごいのに、有人環境で利用しても平気なの?
 
と、思われますよね?
 
そこです。オゾンクルーラーが人気なのは。
 
オゾンクルーラーは、我が家のようにペットと一緒に暮らしている人たちや、医療機関の待合室や診察室、幼稚園や介護施設などで利用されています。
 
何故かというと、「オゾン発生量が業務用レベル」なのに、「有人環境(ペット含む)」で使用できるオゾン発生器だからであり、何故、有人環境で使用できるのかというと、マイナスイオンと交互に放出し、濃度が高くなり過ぎないように自動調整されるからなのです。
 

インテリアにもマッチするコロンとかわいいデザイン

インテリアにもマッチするコロンとかわいいデザイン

このように我が家には、愛猫がおりますが、オゾンクルーラーというオゾン発生器を24時間稼働させることで、ニオイ対策に悩むことなく快適に過ごせております。
 
当初は、ゆず先輩のトイレがある部屋に1台だけでしたが、その効果の高さからさらにもう1台購入してリビングと書斎などでも使用しています。

トイレ近くにもオゾンクルーラーを設置

トイレ近くにもオゾンクルーラーを設置

ゆず先輩のトイレの近くに設置してるため、今ではニオイがまったく気にならず快適に過ごせております〜
 
オゾンクルーラーをご購入前に、こちらにオゾンクルーラーの特徴やメリット・デメリットをまとめましたので是非参考にして下さい。
 
家庭用オゾン発生器「オゾンクルーラー」の特徴と口コミ・評判

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up