友人が仕事の関係で中国に〜まさかのオゾン水

2017年も残すところ4日ですか…
先日のクリスマスには、ゆず先輩にこれをプレゼントしました。

なかなか気に入ってもらえたようです。

なかなか気に入ってもらえたようです。

「苦しゅうない」のときの顔。

「苦しゅうない」のときの顔。

中が筒状になっていて、ここに隠れたりして遊んでいます。ゆず先輩に喜んでもらえて光栄です。5,000円くらいしたので、「少し高いかな」と思いましたが買ってよかったですヽ(•̀ω•́ )ゝ✧
 
ところで先日、友人から連絡があり、「飯でもどうだ?」と声がかかったので行ってきました。なんでも仕事で春から中国に行くそうで、そこで仕事の話からくだらない話しまでいろんな話題を肴に美味しいお酒を飲んだわけですが、驚くことにこんなことを聞かれました。
 
友人氏「中国って汚染がすごいって話だろ。野菜を野菜専用の洗剤とかで洗って食うってどうなの? おれ(友人)、日頃からタバコも吸わないし野菜もよく食べて健康に気を使っているのにマジで勘弁してほしいよ…でさぁ、ネットでいろいろ調べてみたらオゾンで作ったオゾン水っての? それで野菜の農薬が除去できるらしいじゃん。それでさぁ、あれ、オゾン? あいつ(私)から以前にそんな話しを聞いたような…って思ったわけ!」
 
友人氏「おまえが前に言ってたのってオゾンじゃなかったっけ? あれ? 水素だっけ?」
 
「水素じゃないよwww」
 
ということで、その後、友人にはオゾン水のことをいろいろと説明しました。
 
皆さんも聞いたことがあると思いますが、大陸の野菜は本当に残留農薬がひどいことになっています。もちろん、すべてではありませんが大部分が「ヤバいレベル」で農薬が残留しています。
 
また、このとき友人は、「野菜を野菜専用の洗剤とかで洗って食うってどうなの?」と言っていましたが、それは間違いです。野菜専用の洗剤もないことはありませんが、実際には多くの人が「食器用の洗剤」で野菜の農薬を除去しているんですよね…(中国で販売されているほとんどの食器用洗剤は用途に「野菜・果物洗い」と記載されています)
 
中国では正しい知識を持たない農民が過剰に農薬を使用することで、野菜に農薬が残留していることが少なくありません。大陸に住む私の友人(中国人)もそれはさすがに困っていたというか、「勘弁してほしい」みたいなことを言っていました。
 
それにしても、農薬を除去するために食器用洗剤を使用するというのは、また別の心配が出てくるのではと考えそうなものですが、現地の人たちからすれば「ヤバいレベルの残留農薬が付着した野菜や果物を食べるよりマシ」ということなんでしょう。。。
 
野菜や果物の残留農薬を除去するための有効的な方法はいくつかありますが、まずは基本の「流水」です。これが意外や意外、流水って結構いい感じに農薬を除去できるんです。ただし、水道水が悪いと本末転倒でこの方法は使えません。

食器用洗剤で野菜を洗うのは常識?!

食器用洗剤で野菜を洗うのは常識?!


現地の人たちは、ボウルなどの中に水道水を溜め、その中に食器用洗剤を入れて、そこに野菜や果物を10分ほど浸けます。そのとき少し手もみ洗いをすることで大方の農薬は除去されると考えているようです。たしかに、この方法である程度の残留農薬は除去できると思います。ただ、残留農薬除去に食器用洗剤を使用しているので、その問題は別の話しになりますが…
 
オゾン水であれば簡単・確実に残留農薬を除去できますので、こんなときこそ、オゾン水生成器が大活躍します。
 
オゾン水は殺菌・消毒効果が高いため、水道のインフラでも利用されていますし、農家さんの間でも普及が進んでいます。オゾン水を使うことで農薬を減らせますからね。そして、農薬のように残留性がなく安全性が高いところがポイントです。
うちのオゾンバスター

うちのオゾンバスター

野菜や果物の残留農薬を除去します。

野菜や果物の残留農薬を除去します。

高い安全性とその効果

高い安全性とその効果

これで安心して農薬野菜を食卓に並べられます。

これで安心して農薬野菜を食卓に並べられます。


友人には、餞別代わりにオゾンバスターを購入してプレゼントすることにしました。そして、彼が中国に行くまでにうちでオゾンバスターの使い方も教える予定です。そのことを彼に伝えると、その日の酒代はごちそうしてくれました(笑)
 
中国の度を越した残留農薬問題は別にして、日本国内についていえば農薬が悪なわけではありませんよね。農薬がなければ野菜や果物の供給量は驚くほどに激減して私たち庶民では買えないような値段に跳ね上がるでしょう。大事なことはその農薬野菜、あるいは農薬果物をどうして食していくのかという点にあると思います。
 
そんなときに、オゾンバスターがあれば最強です。今のところこれ以上の効果を発揮してくれるものを私は知りません。(例のほたての野菜洗浄剤より効果も安全性も高いんですよ!)
 
それにしても、近い友人から「オゾン水」という単語が出てきたことには驚きましたが、少しは役に立てそうで嬉しいです。
 
 
彼が中国に行っても健康でいられますように。
中国で彼の仕事がうまくいきますように。
 
 
(参考記事)
オゾンバスターの使い方
オゾンバスターの口コミ・評判
オゾン水生成時の水量・水質・時間・濃度

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up